腎精不足

☆[東京 12日 ロイター] 日本では夫婦の3分の1以上が、性交渉を持たない「セックスレス」の状態となっていることが明らかになった。その多くは、疲れ過ぎや面倒くさいことが理由という。社団法人日本家族計画協会の北村邦夫氏が12日に明らかにした。

 それによると、性交渉を少なくとも1カ月持っていないという夫婦の割合は、今年の調査では約37%。この数字は2004年には32%だった。

 同氏がロイターの電話取材で語ったところでは、男性の4分の1が仕事での疲れ過ぎを理由に挙げている一方、女性の19%はセックスを面倒だとしている。

 調査は49歳までの結婚している男性647人・女性821人を対象に実施。北村氏は、ワークライフバランスの問題だと指摘しており、個人的にすべて解決できることではないため、会社経営者がなんらかの対策を打つ必要があるとの考えを示した。

 今回の調査結果は、来年に厚生労働省へ報告される予定になっている。


 過酷な生活のために生きていくために必要な「気・血・津液」がどんどん消耗してしまい、腎に蓄えられている生命力「精」が気や血に転化されてしまっているのですね。今の日本の経済と同じかな?

 「気・血・津液」は普通預金、「腎精」は「定期預金」。

 徹夜や残業で生きていくだけで精いっぱい、定期崩して生きていく状態では、生殖能力の原動力である「精」が不足し、セックスレスになってしまうのですね。
e0157160_18385189.jpg

[PR]
by matchy49 | 2008-11-13 18:38 | 中医学


中医学を勉強する教室のブログです。


by matchy49

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
東洋医学
中医学
薬剤師会
中国文化
講座
国際中医師
未分類

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
教育・学校

画像一覧