カテゴリ:中医学( 56 )

日本中医学会

http://www.jtcma.org/scientific-meeting/img/2014-program.pdf

体質論には興味があります。仕事がなければ参加したいのですが・・・


[PR]
by matchy49 | 2014-08-27 19:06 | 中医学

孫悟空と中医学 1

孫悟空が朱紫国にさしかかると町には「国王が病気なので医者を探している」という告示が貼ってありました。

孫悟空はその紙をはがすと国王と病を治すと宮殿に向かいます。

ところが彼らの形を怪しむ文武百官は王に会わそうとはしません。

そこ孫悟空は彼らに

 醫門理法至微玄,大要心中有轉旋。
 望聞問切四般事,缺一之時不備全。
 第一望他神氣色,潤枯肥瘦起和眠。
 第二聞聲清與濁,聽他真語及狂言。
 三問病原經幾日,如何飲食怎生便。
 四才切脈明經絡,浮沉表裡是何般。
 我不望聞並問切,今生莫想得安然。

と中医学診断の四診を説きます。これには医官も「この和尚さまの言うことはもっともだ」と信用してくれ、ついに孫悟空は国王と会うことを許されるのです。
[PR]
by matchy49 | 2013-08-06 17:42 | 中医学

歯のくいしばりと漢方

最近、就寝中に奥歯をくいしばっているようで朝起きると顎が痛くなっていると悩まれている方が多くなってきました。就寝中の歯のくいしばりは起きている時に精一杯くいしばっているときより何倍もの力が加わっており硬いクルミの殻が割れるほどです。歯が折れた、歯医者さんで作ったマウスピースが壊れたという話もよく聞きます。
これは歯科ではブラキシズムと呼ばれます。噛むための筋肉(咀嚼筋)の異常な運動のことです。顎が痛くなる、歯が割れる、顎が開かなくなる顎関節症ばかりか、頭痛や肩こりももしかしたらこのブラキシズムが原因かもしれません。ブラキシズムの患者さんは日中の眠気を感じる人が30%、なんらかのストレス(悩み、心配)を抱えている人70%いるという調査もあります。また、いびき、睡眠時無呼吸症候群との関係も指摘されるようになりました。ただ歯だけの問題ではなく日常生活に多くの支障がでてくる病気ですね。
ストレスや歯並びが原因では?と言われていますが、まだ不明な点が多い病気です。

中医学では1)心胃火熱、2)気血両虚 3)虚風内動 として考えます。
1)心胃火熱:睡眠中の歯ぎしり・口が乾いて冷たい物を飲みたがる・よくお腹がすく・胸やけする・焦燥感
2)気血両虚:軽い歯ぎしり・顔色が白い 唇や爪がツヤない・眩暈・動悸・驚きやすい・疲れやすい
3)虚風内動:持続性の歯ぎしり・午後からの身体のほてり・寝汗・口が乾く

以上の点から処方を決めればだんだんと和らいでいきます。
[PR]
by matchy49 | 2012-04-18 22:36 | 中医学

桜は漢方薬の原料になるでしょうか?
e0157160_23263936.jpg

 中国では使っていません。でもさすがは日本。日本ではヤマザクラの樹皮(桜皮)を解毒の目的で使っています。

 ここで言う「毒」というのはみなさんが考える「毒」とは違います。「熱」の状態が極まった状態をさします。発熱して咽喉が赤く腫れて痛いのも熱が極まった状態ですから清熱解毒剤を使います。

 桜皮の処方されているのは「十味敗毒湯」、江戸時代の外科医、華岡青州の処方です。ただこの処方自体、中国の荊防敗毒散を変えたものですから、中国が日本だってパクッたて言ってこないか心配です。

 華岡青州と言えば、有吉佐和子の小説「華岡青州の妻」で有名になりましたが、世界で初めて乳がんの手術に自分が考案した麻酔剤「通仙散」(チョウセンアサガオ、トリカブト・・・)を使って成功しました。(1804年)これは記録が残っています。中国の華陀の「麻沸散」は三国志の中にでてきますが...、処方内容も記録も残ってはいません。

 世界で初めて全身麻酔で乳がんの摘出手術をしたのは日本の外科医なんですね。手術記録では乳がんだけで153例だそうです。

 華岡は他に「中黄膏」、「紫雲膏」も作りました。いずれも私達がよく使っている軟膏です。名前くらいは聞いた事がありますか?

 ちなみにK社の十味敗毒湯には桜皮がはいってますが、T社のものには入っていません。「撲樕ボクソク」が入っています。同じ名前でも処方内容が異なることがありますから注意が必要です。
[PR]
by matchy49 | 2012-04-10 23:24 | 中医学

漢方と大根

ある調剤薬局からの問合わせがありました(実話)

中国人の患者さんが「加味逍遙散」の処方箋を持って見えたそうです。

「この薬は大根と食べていいですか?」

  ※中国語では薬は食べるで飲むとは言いません。韓国語もそうみたいで、中国、韓国の患者さんは「この薬はいつ食べますか?」と聞かれることがあるかもしれませんが驚かないでね。

この質問のために、添付文書見たりメーカーに問合わせたそうでずいぶん慌てたみたいです。薬剤師って真面目ですね。

大根の種は「来服子(本当は草冠あり)ライフクシ」と言い、消導薬(消化薬)に分類されます。ジアスターゼですね。
中薬学では注意として正気を消耗するので虚弱者には使わない。人参、熟地、何首烏とは使用しないとあります。

ある薬物がある薬物の効能を減弱または破壊することを相悪といい、同時には使用しません。人参と来服子はこの例です。
とくに人参は高価ですから、大根でその効果がなくなってしまっては大損害です。

この患者さんの言おうとしていることはそういうことだったのでしょう。

加味逍遙散には上記の中薬は入っていませんからセーフです。

薬膳の世界でもツバメの巣と大根は一緒に調理しませんが同じ理屈だと思います。
[PR]
by matchy49 | 2012-02-02 23:51 | 中医学

新年快楽!!!

e0157160_20483416.jpg


新年は火鍋でお祝いしました。羊蠍火鍋です。

羊の背骨についた肉を食べるのですが、骨には髄がありますから先天の精。肉は脾ですから後天の精を補えます。

この料理は先天、後天が同時に補えます。またトウガラシも入っていて発散作用がありほのかに汗ばみ身体が軽くなりました。

さて、今日はスタッフと学院のカリキュラムについて整理しました。初めは国際中医師試験受験対策に重点をおいていましたが、今は臨床に役立つ講義にとシフトしてきました。

また。基礎~中薬までの講義が方剤、内科まで増えました。私だけではなく中医師の先生にも協力してもらえるようになりました。受講生も増えました。これからも充実した教育ができるようにしていくつもりです。
[PR]
by matchy49 | 2012-01-27 21:04 | 中医学

羊蠍子火鍋

  東京大排当の社長さんが、新作メニューですと、サービスしてくれました。

  http://gourmet.livedoor.com/restaurant/316555/ 


 日本初「羊蠍子火鍋」!!!

 でも蠍は入っていません。羊の背骨が蠍の形ににているのでそう言います。

 羊は身体を温めます。また骨には髄があるのでこれを食すると健脳になりますね。

 一緒に食べた人はうまいうまいと食べていましたが、汗が止まらなくなっていましたよ。

 この料理は北京では食べた事がありましたが、亀戸で食べれるようになるとは!!
e0157160_1155110.jpg

[PR]
by matchy49 | 2011-12-19 11:06 | 中医学

漢方薬局の生きがい

  あれ、まだ薬はあるはずだけどな?

  妊娠を希望されて漢方薬を飲んでいる女性がアポもなく来店されました。

 今日、病院の検査で陽性が出たので報告にきました。

 40過ぎてからの漢方相談で、何回も体外受精にチャレンジしてきてダメだった彼女は漢方に対しても懐疑的でいつもしかめっ面でくるためうちのスタッフからも敬遠された存在でした。

 体外受精でも成功率は低く、卵がダメだったり、移植しても着床できなかったりします。
 40過ぎてますので彼女も焦りがありそれがイライラ感じとして伝わってきました。
 こうした方は基礎体温もギザギザで、中医学では肝気鬱結証が多いです。プロラクチンが高めのケースもあります。

 加味逍遙散で肝の気が流れるようにしました。

 いつもむっとしていた彼女が帰りがけにカウンターの飴を「いただきます」と持って帰ったとき、薬は効いてるなと思いました。

 着床ができないのは腎精不足が多いです。紫河車と知柏地黄丸も足しました。

 卵も取れ、採卵成功。着床も成功。あとは流産しないように注意しましょう。

 自分で勉強して勧めた漢方薬が効いてくれて患者さんから喜ばれるとき、漢方薬局の薬剤師は満足感、達成感を感じるのです。

e0157160_217340.gif

[PR]
by matchy49 | 2011-10-31 21:08 | 中医学

胆管癌の患者さん2

胆管炎の発熱も下がり退院。

 霊芝胞子・白花蛇舌草・茵陳高湯・西洋人参・焦三仙・田七。

 食欲も出てきて、自動車で買い物に出かけてしまった。カゼに注意。

 舌質の色も赤みが取れてきた。舌辺に黄色の膩苔があつたがこれも取れてきた。

 クレアチニンの値が高く、抗がん剤の投与が難しいとのこと。冠元顆粒を追加。
e0157160_179429.jpg

[PR]
by matchy49 | 2011-10-21 17:10 | 中医学

冠元顆粒とクレアチニン

  冠元顆粒は心臓病や脳梗塞の予防で飲んでいる人が多いですが、現代薬理学的研究では、冠元の主薬
である「丹参」には腎臓のろ過機能の指針であるクレアチニンを減少させる作用があることがわかりました。

 人工透析の患者さんは今や30万人だそうです。透析になりますと食事や水の量など厳しい制限が付きQOLは悪くなります。一生ですから大変ですね。

 脳・心臓・腎臓。やはり大事なのは体中をめぐる血液であるとわかります。
e0157160_11304235.gif
e0157160_1131991.jpg

[PR]
by matchy49 | 2011-10-21 11:31 | 中医学


中医学を勉強する教室のブログです。


by matchy49

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
東洋医学
中医学
薬剤師会
中国文化
講座
国際中医師
未分類

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
教育・学校

画像一覧