<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

蓮子心

e0157160_15401149.jpg

蓮子心(レンシシン)
基源:ハスの成熟した種子の緑色の胚芽
性味 苦・寒
帰経 心・肺・腎
働き 清心瀉火・徐煩安神
現代薬理  血圧降下の作用がある。

蓮の実を調理する時、芽の部分は取り除きます。この部分は苦くて食べられません。しかし中国では芽の部分をお茶にして飲むのです。苦い、苦いお茶です。
《本草綱目》では「少しの苦味は無毒で心を清らかに保つ」と記載されていますが、少しどころではありません。

スタッフがトライしましたがあまりの苦さで諦めたのをもったいないからもらい飲みましたが、苦かった・・・。でもその日は9時にはウトウトとしてきて不覚にもそのまま眠ってしまいました。

「心を清らかに保つ」というのはそういう事ですね。中医学で言う「心」には「こころ」の働きがあります。清らかというのは清涼という意味でしょうか?
夏の夜は暑くて寝苦しいですが、これは心(こころ)が熱くなるから。この状態を心火と言います。蓮子心には心の火を冷まして精神状態を安定させる働きがあるのです。

夏だけでなく日頃から興奮しやすくなかなか眠れない心火のある人には
一年中お薦めのお茶です。

寝る前に「蓮心茶」を3gお湯に溶かして飲んでみてください。
[PR]
by matchy49 | 2010-08-30 15:41 | 中医学


中医学を勉強する教室のブログです。


by matchy49

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
東洋医学
中医学
薬剤師会
中国文化
講座
国際中医師
未分類

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
教育・学校

画像一覧