<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年度日本中医学会学術総会のご案内

2011年度日本中医学会学術総会のご案内

きたる9月3日(土)と4日(日)に,日本中医学会の2011年度学術総会が開催されます。おかげさまで中国,台湾,韓国からも多くの来賓が来られ,また内容も充実して,昨年以上に盛大な総会になるものと予想されます。

日時:2011年9月3日(土)、4日(日)
会場:タワーホール船堀 (東京都江戸川区 都営新宿線「船堀駅」徒歩約1分)
スケジュール:
9月3日(土)
12:00 受付開始
13:00~13:30 開会式
13:40~15:10 招待講義 
17:10~17:50 次期会頭のご挨拶 
9月4日(日)
9:10~17:00 講演
シンポジウム ②
疑難病に対する中医学の治療経験
17:10~ 閉会のご挨拶
詳細はhttp://www.jtcma.org/scientific-meeting/index.html
尚、非会員は参加費¥12,000ですが当日、無料の会員登録をすると、¥5,000にて参加できます。
[PR]
by matchy49 | 2011-08-29 11:17 | 中医学

公開講座 鬱証

 昨日は有明医療大学の戴昭宇先生に「鬱証」の講義をお願いしました。

 紹介していただいた4症例は大変興味深いもので参加者の皆様の臨床に大いに役立つと思います。

 有明医療大学では附属医療施設で鍼灸治療がうけられますのでご案内します。

 http://www.tau.ac.jp/outreach/medicalfacility.html

e0157160_12465436.jpg

[PR]
by matchy49 | 2011-08-28 12:47 | 中医学

帰脾湯の不思議

なぜ「帰脾湯」という名前なのか?
 「補気」「統血」「補血」という効能はすべて「脾」に関係するので、脾に帰って治療するということらしい。

なぜ「心脾両虚証」と「脾不統血証」両方に使うのか?
 宋代では思慮過多による健忘、動悸に使われていたが元代になり脾不統血による吐血、下血に使われるようになった。その後清代になると盗汗、食少、腸風崩漏にも範囲が広がり今の効能になったらしい。

面白いですね。
[PR]
by matchy49 | 2011-08-22 11:55

気仙沼の幼稚園からハガキが届きました。

e0157160_16431829.jpg


我々がテレビで見ている被災地はいいほうで、まだまだ救援物資が届かない小さな避難所があるそうです。

松江堂薬局としては今までランタンや次亜塩素酸ナトリウム、オスバンなどを送ってきました。地震、大雨、猛暑など本当に心配しています。

幼稚園児からの元気な写真を見ると、ホッとします。

四川大地震のときには、中国大使館にPRしたいだけで大金を集めた中医学の団体は、今回はなんのメリットもないと感じたのかなにもしていないようですね。そんなもんなんですね。
[PR]
by matchy49 | 2011-08-19 16:51

方剤学にはまっています。

e0157160_11443211.jpg


日本では「基礎理論」「診断学」止まりでなかなか「中薬」「方剤学」の講義までしません。

即販売に結び付けたいメーカー主催の勉強会の宿命でしょうか。またある特定の薬を売るためにその処方だけの勉強会だけです。

そのためか国際中医師試験でも「方剤学」が難しく感じられるようです。やはり方剤も系統的に勉強をしたほうがいいでしょうね。

と、言うわけで、方剤のテキストを現在書いていますが、あれま、八味丸の地黄は熟ではなく乾だったの?
とか新しい(恥ずかしい)発見がたくさんあります。

こうした新しい発見や方剤を深く理解する事は試験だけではなく漢方相談にも役立ってくるでしょう。

方剤の教科書(高等医薬院教材・上海科学技術出版)を調べる事が面白くてたまりません。子どものモンハンみたいな感じです。パクリですか? いいえ 消化吸収して革新します。
[PR]
by matchy49 | 2011-08-19 11:55

靖国神社 参拝しに行きました

e0157160_23142677.jpg


8月15日 終戦記念日。

今の日本は先の戦争で国の為に命を落とされた方々の上にあります。今年の民主党のいい加減さに加え大震災で、日本は今大変な状態にあるわけです。

ここはひとつ日本人として心を一つにして復興をしていかなければなりません。

英霊の皆様に再び日本をお救いくださいとお願いしました。

今日は非常に暑かったのですが、お年寄りから若い方まで参拝に来られていいました。
[PR]
by matchy49 | 2011-08-15 23:20

江東中医薬学院 公開講座

【テーマ】鬱証
中医学の「鬱証」は西洋医学の「うつ病」にくらべ範囲が広く、自律神経失調症、心身症、神経症、神経衰弱、更年期障害、不眠症、認知症など多くの病症を包括しています。
医古文では「鬱とは滞りて不通の意なり」とあり、朱丹渓は「六鬱学説」(気鬱・血鬱・痰鬱・湿鬱・熱鬱・食鬱)を提唱しましたが 今回は気鬱を中心に講義いただきます。
【講師】戴昭宇先生(有明医療大学准教授)   
【日時】8月27日(土)18:30-21:00
【場所】カメリアプラザ 9階 研修室 JR総武線亀戸駅下車スグ
【受講料】5000円

申し込みは matsuedo@remus.dti.ne.jp 鶴見まで
e0157160_20295692.gif

[PR]
by matchy49 | 2011-08-08 20:30 | 講座


中医学を勉強する教室のブログです。


by matchy49

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
東洋医学
中医学
薬剤師会
中国文化
講座
国際中医師
未分類

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
教育・学校

画像一覧