「漢方郵送規制問題」がテレビ放映されます

 《放送予定》

 日時  6月30日(水) PM5:30頃~5:50頃
 
 テレビ朝日系列 報道番組 『スーパーJチャンネル』


 医薬品のネット販売規制の影響で漢方薬を漢方薬局から郵送できなくなり、困っている方々がいます。

 漢方薬は医師、薬剤師の資格があっても、専門に勉強していなければどの処方がいいのかは判断できません。
そのため一般医薬品のようにどこの薬局でも対応ができるとは限りません。また、顧客と薬剤師の相性、信頼関係が重要であるため、自然と家から遠い薬局の薬剤師を訪ねることも普通にあります。

そもそも漢方薬を飲みたいということは、身体に不調があるのですから、遠くの薬局まで通うということは時には患者さんにとって大きな負担です。

そのため、体調が安定してきた方には電話で話を聞き、体調をチェックし薬の飲み方を説明して薬は郵送でお渡ししてきました。

それで今まで私たち漢方薬局は患者さんの健康管理を上手くやってきました。

ところが、1年前に医薬品のネット販売規制のあおりで、漢方薬の郵送も規制されてしまいました。

我々、薬剤師が所属する日本薬剤師会はネット販売を規制したいがため、会員である漢方薬局のこのような状態をまったく考慮せず、漢方薬の郵送をも規制させる考えです。

会員のことを考えない会があるなんてまったく考えられません。

日薬は、6年制薬学生の実習の受け入れを薬局に要請しますが、調剤以外の実習についてはほとんどの薬局では指導できません。

1 薬局製剤
2 OTC販売
3 学校薬剤師
4 薬物乱用
5 漢方製剤

1については改正薬事法では店舗での陳列はできません。
2については一般医薬品販売登録者ができてしまい普通の薬局ではOTCを買いに来ません
3、4については薬剤師が外出した場合には一人薬剤師の薬局は閉めなければなりません。 
5については上記のとおりです。

外に向かってはいろいろ厄介なことを請け負ってきながら、現場での環境を整えようとしない日薬は、全く会員のことを考えていません。

このままでは『絵に描いたような立派な薬剤師』ができあがるが、薬局は疲弊してやっていけなくなるでしょう。
[PR]
by matchy49 | 2010-06-28 17:20


中医学を勉強する教室のブログです。


by matchy49

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
東洋医学
中医学
薬剤師会
中国文化
講座
国際中医師
未分類

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
教育・学校

画像一覧